サーモスのステンレススリムボトル『FFM-500BL』にお茶でもいれて楽しいところへ出かけよう【水筒】

サーモスのステンレスボトル『FFM-500』

THERMOS ステンレススリムボトル FFM-500

水筒を使うのはいつぶりだろう。

幼稚園、小学校低学年ぶりかなあ。

あのときの魔法瓶は重くてでかかった。

夏に麦茶を入れて

運動場で飲んだっけ。

その時以来ですね、保冷保温できる水筒を使うのは。

なので軽くてスリムになってるのが

驚きというか隔世の感というか。

ステンレスボトルって昔から

こんなもんなんすかねえ。

それとも年々進化して、

軽量化とスリム化が進んでこうなったのか。

水筒とステンレスボトルは違うものなのか。

最近のステンレスボトルってやつは、

蓋をあけてそのまま直飲みするタイプが主流で

昔ながらの水筒みたいなコップが

ついてるものは少ないみたいですね。

自分はコップ付がよかったので

ステンレスボトルのなかでコップがついてるタイプを

探したらこのサーモスFFM-500ぐらいしかなかったので

まあ、これでいいかと

とくにいろいろ性能を比較することなく購入しました。

まず軽い。

0.5Lタイプなんすけど500mlのペットボトルより

気持ち少し重いかなと感じる程度の重さなので

持ち歩きが気にならない。

鞄に入れておいても特別重いぞとは思わないんすよねえ。

そして形がスリムなのもいいっすね。

細いのでリュックのちょっとした

サイドポケットとかにも入る。

軽くてスリム。

とにかくそれにつきる。

保温効力は46度以上を24時間ということで十分じゃないすか。

自分は熱い緑茶を入れてるんすけど、

朝入れていって

夕方飲んでもまだ熱いので十分でした。

冷たいのは10度以下を6時間保つらしいのだが

まだ試してない。

今度、冷たい麦茶とかで試してみよう。

牛乳、果汁、炭酸飲料、味噌汁などは

ガスが発生してフタが開かなくなったりするのでNGらしい。

そうなると緑茶、コーヒー、紅茶ぐらいかなあ。

パッキンがだめになるまで

どれぐらいもつのかわからんけども、

目安は1年ぐらいみたいっすね。

ちゃんと交換部品も売ってるみたいなので

まあ、元をとれるぐらいは使えるんじゃないすかねえ。

水筒持ってどこいこう。

楽しいとこへ行きたいな。

そういうわけにもいかないが。

取扱説明書:http://www.thermos.jp/Support/manual/Style/ffm.pdf

FFM-500-BL【税込】 サーモス ステンレススリムボトル 0.5L ブルー THERMOS Style(サーモス スタイル) [FFM500BL]【返品種別A】【RCP】



この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/420296014

この記事へのトラックバック