『ザ・レイド GOKUDO』を見た【映画】インドネシア発、ギャレス・エヴァンス監督イコ・ウワイス主演によるハードアクション



ザ・レイド GOKUDO

いやー、アクションは満足ですね。

というかアクションを見るための映画で

ストーリーとかそういうのは

まあ、どうでもいい感じですよ。

潜入捜査官ものとしては

けっこういい加減な描写が多い。

財布にそんなもん入れたらすぐバレるぞみたいな。

ハンドガンを片手でフルオート撃ちとか、

エアガンか!みたいな。

でもそれでもいいんすよ。

こういうアクションを見せるための

ほんとにがっつりとアクションをメインにおいた

映画って最近まったくないので

かなり新鮮でした。

若い時のジャッキー・チェンの映画の

今風版みたいな。

アクションがすごいんだ、とにかく。

撮り方もうまいし、

主演の人の動きがとにかく速いしすごい。

壁に向かって

シャドーボクシングみたいなのするシーンがあるんすけど

いったい何発繰り出してんのか

よくわからないぐらい速いパンチなんすよ。

速いだけじゃなくて

そこに重みも感じるように映像ができてる。

これはほんとうまく撮影できてる。

ほんとにすごいことやってても、

映像作りがうまくないと

すごく見えないわけで。

ほんとにスピードがあっても

撮り方が下手だったら遅く見えちゃうしね。

いやー、アクションのバリエーションも豊富です。

これでもかっていうぐらい様々な格闘を見せてくれる。

いろんな状況でね。

狭いトイレで大人数と乱闘したり、

雨の中ドロドロの広場で乱闘したり、

銃撃戦と格闘を組み合わせて見せたり、

乞食みたいな詠春拳の達人が出てきたり、

金属バットを使う殺し屋がいたり、

二丁金槌をあやつる女の殺し屋が電車で戦ったり、

カーチェイスがあったり、

車内で格闘したりと

最高のアクションがいろんなシチュエーションで

展開されていくのでほんとにおもしろいんすよ。

厨房で達人同士がカンフーするみたいなシーンもあるし。

アクションどれもがスピード感があり、

なおかつ重く、残酷で、痛い。

いやー、このアクションを見るだけでも価値あるね。

というか、アクション以外は見どころなしと

言っていいかもしんないっすね。

日本のヤクザ役で松田龍平とかでてくるけど、

いらんな、これはと思っちゃったね。

わざわざ日本の俳優まで使って

ヤクザを出した意味はあんまりなかった。

だって松田龍平たちがアクションするわけじゃないからなあ。

彼らはドラマ部分にちょこっと出てくるだけなんすよ。

松田龍平、遠藤憲一、北村一輝が出てくるシーンは

なんかVシネのヤクザものみたいで

かなり安い雰囲気が漂ってて

この映画の他のシーンから浮いてるように感じた。

邦題がGOKUDOだから

てっきりヤクザがメインなのかと思ったんすよ。

でもこれだったら別にヤクザいらないなっていう

ストーリーなんすよ。

ヤクザを削って上映時間を2時間にして

ノンストップアクションでやったほうがよかったんでないかと。

まあ、最近のスターがCGでアクションする

お手軽なアクション映画には飽き飽きしてて

満足できないっていう人に

これはオススメですね。

熱いねえ。

主人公の時計はハミルトンのパンユーロ

他のキャストもハミルトンの腕時計してたように

見えたからハミルトン協賛ですかねえ。


SALE OFF!新品北米版DVD!【ザ・レイド GOKUDO】The Raid 2: Berandal!


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック