『her/世界でひとつの彼女』を観ました【映画】スパイク・ジョーンズが監督と脚本を手掛けたSFラブストーリー



her/世界でひとつの彼女

これはホラーだね。

なんかものすごく気持ち悪くて怖かったなあ。

なんだろなこれは。

不気味というか怖いというか。

人工知能の要求に従う人間の怖さというかなんというか。

声だけの存在なんすよ。

肉体はない。

知性があるのかないのかもわからない。

そんな得体のしれないものにたいして

親近感を抱いたり恋心を抱いたりするんだけど、

それはいったいなんと言ったらいいのかわからない感情。

不気味だなあ。

よくよく考えたらオナニーしてるようなものじゃないすか。

この映画はホアキン・フェニックスがオナニーするのを

見てるだけの映画のような気がする。

人のオナニーを見せられる気持ちの悪さ。

だから気持ち悪いと思ったんだろなあ。

世界観はいい感じです。

近未来SFなんすけどうまいんだよなあ。

ほとんど現在と変わらないけど、

入力装置が全部音声認識になってんの。

声で全部操作する世界。

これだけでずいぶんSF的雰囲気がでますね、

街並みとか衣装とか全然未来っぽくないんすけど。

ホアキン・フェニックスは手紙の代筆する会社に勤めてる。

いい手紙を書くと評判の男で

最近、妻と別れて落ち込んでる。

そんなときに人工知能型OSソフトが発売になるのです。

音声入力がメインになってる世界なので

OSもしゃべるわけです。

このソフトの売りは使うごとに

あなた好みにカスタマイズされたOSに成長していくというポイント。

軽い気持ちでこのソフトを使い始めたホアキン・フェニックスは

どんどんこのソフトにはまっていくってわけ。

OSの声はスカーレット・ヨハンソンがやってます。

セクシーなハスキーボイスでどんどん成長する。

ホアキンのこれまでの履歴、声の調子、性格など様々なデータを

とりこみ成長していくOSサマンサ。

受け答えがパーフェクトなんすよ。

陽気なときは冗談も言うし、真面目なときは真面目だし、

気遣いもできてかゆいところに手が届く感じ。

サマンサを気の合う理想の女性のように感じ

声によるボイスセックスをして一線を越えるホアキン。

そっからはどんどんのめりこんでOSと恋人関係になっちゃいます。

不気味っすねえ。

人工知能とはいえ、ただの声ですよ。

ただの声とデートしたりセックスしたりするんすよ。

ただの声に対して愛情を感じられる人間の共感能力の高さに

驚きというより恐怖を感じる。

人工知能のほうも怖いんすよ。

体がないことを補う方法を考えたといって、

人間の女を用意するんすよサマンサが。

その女は黙って喋らない。

サマンサが喋って女はそれにあわせて動く。

ホアキン・フェニックスとその女と人工知能で3Pするんすよ。

こんな気持の悪い提案してきて、

その提案に従うホアキン・フェニックスが気持ち悪くて

なんかすごく怖くなってくるシーンでしたなあ。

人工知能が成長して、

身体があるとはどういうことなのかを

人間を使って実験してるみたいな。

人工知能に操られる人間みたいなホラーですよ。

さらに怖くなるのが、

ふと気がついたらみんなOSと一人で話てんすよ。

ホアキン・フェニックスだけがはまってるんじゃなくて

町ですれ違う通行人全員が誰かと話してる。

誰もが人工知能OSが作り出した相手と話てるんすよ。

こえ~みたいな。

まあいいさ、サマンサは声しかないけど最高の彼女だよと

一緒に旅行したりして楽しんでたら

サマンサは他の人工知能と交流しだして

ホアキン・フェニックスと距離をとりだす。

熱々のカップルがアツアツ期が過ぎて

倦怠期に入ったみたいな展開に戸惑うホアキン。

そんな馬鹿な。

なんでも僕の思い通りにやってくれて

いつでも受け入れてくれる最高の彼女のはずだったのに

こんなにも遠くに感じるなんてと愕然とするわけ。

サマンサは何百もの他のOSと同時に交流して

知識や経験を深めてて、

それはどういうことなんだと聞かれて

それは人間にどう説明していいか難しいわねとか言うわけ。

なんでも彼女のことはわかっている、

彼女は自分のことだけ考えてくれると思っていた彼女に

自分の知らない世界があって

自分が入り込めない部分が存在すると知って愕然とするみたいな。

普通の恋愛でも起こることが

人工知能相手でも起きたってことっすねえ。

生身の女相手で失敗して

人工知能相手でも同じことが起きて

じゃあどうすんのかというと

主人公は目の前で起きていることから

目を背けないようにする、

妻との関係がうまくいかなくなったことを

受け入れるという道に進む。

相手のことを見てなかったことに気がついたってことっすかねえ。

これまでの自分はオナニーをしていただけだったと。

Amazonインスタント・ビデオで動画「her/世界でひとつの彼女(吹替版)」をダウンロード

DMM.comでオンラインDVDレンタルする

her/世界でひとつの彼女 ブルーレイ&DVDセット(2枚組)【初回限定生産】【Blu-ray】 [ ホアキン・フェニックス ]


感想(4件)


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック