2007年05月05日

ディープ・パープル/ライヴ・イン・ジャパン(DEEP PURPLE/LIVE IN JAPAN)

ライヴ・イン・ジャパン





ライヴ・イン・ジャパン/ディープ・パープル

これは激熱なライヴですなあー。

題名どおりディープ・パープルの日本でのライヴを収録したアルバム。

1曲目の「高速道路の星」から全開ですわ、もう。

俺の車にゃ誰も乗れぬ命がけのレース〜と始まったところから、もう最高ですわ。

パワーもあるしタイヤも太いし全部あるって、まさにそのとおり。

全部あるぜ。

レンタルしたCDが古い盤みたいで、なんか音圧が低いから、

ボリュームをあげて聴かないと、ダメなのです。

しかたがないから、ヘッドフォンして爆音で聴いてる。

1曲目から、体が動き出す。

汗だく。

そしてエアギターをし始めてしまう。

気分はリッチー・ブラックモア

クラシカルな高速パッセージを指で奏で、顔をキモイかんじに歪ませる。

まあ、人には見せられない姿ですね。

車で聴いてるときは、周りの人にキモイ顔を目撃されてるかもしれんですが。

ディープ・パープルいいですねー。

ロックといえばディープ・パープルとレッド・ツェッペリンが2大巨頭っすかねえ。

レッド・ツェッペリンがブルースっぽくてもっちゃりしてるのにたいして、

ディープ・パープルはクラシカルでかっちりしてるかんじがする。

切れがいいっていうんですかねえ、

ハードっていうかんじっていうか、

疾走感があるっていうか、スピード感がある。

まあ、どっちも好きですが。

ライヴは3日間あったらしいっすね。

3日間分を収録した3枚組みの「Live In Japan (UK)」もでてるし、

「ブラック・ナイト」と「スピード・キング」が入った2枚組みの「Made in Japan」もある。

でも、1枚で聴きたいっすねえ。

ライヴってまるまる収録されてるとけっこうだれる部分もでてくるからね。

上手いこと編集してくれてる1枚のやつのほうが好きですね。

でも、今や缶コーヒーソングと化したBlack Nightは聴きたいかも。

けっこうブラック・ナイト好きな曲だからなあ。

まあ、熱いライブ盤ですね。

ドラムソロすら熱いぜ。

ディープ・パーポーって素敵やん。

ヴェリー・ベスト・オブ・ディープ・パープル

ディープ・パープル マシン・ヘッド・ライヴ 1972/73

深紫伝説/王様



広告




posted by ビショップ at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40877888

この記事へのトラックバック

Deep Purple - Live In Japan
Excerpt:  現代に於けるヘビメタの元祖ってのは色々と言われるんだけど世間にそれを知らしめた、そして特に日本に於いては圧倒的なカリスマとして迎え入れられたのが云わずと知れたディープ・パープルだ。もちろん1..
Weblog: ロック好きの行き着く先は…
Tracked: 2007-06-10 22:59