『幸せの1ページ』を見た【映画】アビゲイル・ブレスリン,ジョディ・フォスター共演によるファンタジックアドベンチャー



幸せの1ページ

ジョディ・フォスターは主役じゃありません。

表紙にでかでかと真ん中にジョディ・フォスターが載ってるし、

ジョディ・フォスター主演!って書いてあるけど、

主役はニム役のアビゲイル・ブレスリンでした。

そもそも原題は「NIM'S ISLAND」で

ニムの島ってあるので主役が子供の話なのに

なぜかジョディ・フォスター主演のように装ってる。

あらすじ紹介でも、

引きこもりの作家が島に行って冒険するみたいなことを

書いてあるのだが、

映画が始まって10分ぐらいは

アビゲイル・ブレスリンとジェラルド・バトラー親子の

島での生活の描写ですからね。

あれ?ジョディ・フォスター出てこないなあみたいな違和感ありあり。

島のほうが主なんすよ。

ジョディ・フォスター演じる作家は

お騒がせキャラというか、

物語に彩りをそえるだけのキャラクターというかね。

特に何か意味があるわけでもない。

原作は児童文学らしいっすね。

いかにも子供向けの冒険ファンタジーだなあって思ったなあ。

何か問題が起きてそれで困って

解決してという展開なんすけど、

かなりお気軽な解決で難しいことはなしです。

動物が助けてくれてよかった~的な感じ。

だから軽いですね。

足を怪我したことで何か深刻な展開になるのかと思ったけど

そんなことはなく。

観光船が島にやってきて

リゾート開発でもされるのかと心配したら

簡単に撃退できて深刻なことにはならず。

男の子と出会って何か展開あるのかなと思ったら

それ以上の展開はなく。

だから、大人はけっこうきついかもしれないっすね。

でも子供は楽しめるんじゃないかなあ。

動物たちがおもしろいし、

子供が活躍するので

一緒になって冒険気分になるんじゃないかなあ。

Amazon インスタント・ビデオで動画「幸せの1ページ (字幕版)」を視聴する

DMM.comでオンラインDVDレンタルする

幸せの1ページ [ ジョディ・フォスター ]


感想(1件)



秘密の島のニム [ ウェンディー・オルー ]


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405541800

この記事へのトラックバック