『彩り河』を見た【映画】松本清張ミステリー、真田広之、名取裕子、三國連太郎出演



彩り河

珍品。

奇作。

これは変わった映画っすね。

原作が松本清張なので社会派ミステリーで

地味系なのかなと思って見てみたら

前衛的で驚いたなあ。

最初、何がなんだかよくわからないんすよ。

誰が主人公で、誰がどうしようとしてるのか。

まあ、過去にこの人とこの人はなんかあるんだろうな

ぐらいはわかる感じで進んでいくんすけど、

とにかく何がなんだかよくわからない。

ただただ三國連太郎の怪演が光る。

消費者金融やってる爺さんの役なんすけど、

のりのりでやってますね。

カツラかぶって不気味なんすよ。

金の力で男も女も自由に動かす影の大ボスです。

男の頬を札束で叩き、

女の体を底抜けの性欲で

いじり倒す強欲の塊みたいな爺さん。

終わってみれば、三國連太郎がラスボスで

真田広之が復讐するというシンプルな物語なのですけど、

そう簡単には作ってないのです。

主人公が固定されてない。

最初の主人公は平幹二朗。

合間合間に夏八木勲や渡瀬恒彦が軽く中心に着て

最後間近に真田広之がやっと主人公っぽくなるのです。

これが話をわかりにくくしてるんすよ。

素直に真田広之を真ん中に置いて

話を進めてくれたらいいものの

いろいろと回り道したなあみたいな。

最初うろうろしたわりに、

最後の方に、僕はこういうやつでこういうことで

あいつに復讐するんだみたいなことを

台詞で簡単に説明してしまう。

だったら最初から真田広之視点で

描いたらいいんじゃないかみたいなね。

真田広之と名取裕子の出会いのシーンもすごいっすよ。

目と目があったら

ダバダバダ~フーフウーアーみたいな

オシャレスキャットミュージックがかかって

海の荒波がザブーンみたいな映像が挟まれて

二人はこの一瞬で恋に落ちたのだったというのを

表現してるんすけど、

他のシーンは普通なのに

ラブなところは漫画的というアンバランスさを感じてしまう。

違和感というと、

渡瀬恒彦の早口手紙読み上げシーン。

何を言ってるのかよくわかりません。

大きな証拠を前にして

興奮しているということなんだろけど

何を言ってるのか全然わからないから

興奮が伝わってこない。

最後もめちゃくちゃですよ。

飲んだ相手を

自由に操ることができる薬とか出てくるし。

そんな復讐の仕方する必要あるんすかと。

てっきり、薬を飲ませて自白でもさせて

公衆の面前で晒し者にでもするのかと思ったら、

普通に真田広之が

ナイフで刺し殺してましたからね。

だったらわざわざブルーフィルムの上映会する必要もないし、

わざわざ薬を飲ませる必要もないわけで。

あれは真田広之が暴走して

ああなったということなんすかねえ。

よくわからない。

返り血で真っ赤な真田広之はどうなるのかと思ったら、

最後は浜辺で名取裕子と一緒にポエムの朗読してましたよ。

あれはどうなったんだろか。

全員殺してどっかに埋めたのか。

まあ、とにかく珍品。

変わってる。

DMM.comでオンラインDVDレンタルする

彩り河(上) [ 松本清張 ]


感想(3件)



【DVD】彩り河真田広之 [DA-5779]



プレビュー

関連する商品

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック