コフィー“Coffy”

コフィー




コフィー

かなりのB級映画。

いやC級といったほうがいいかもしれない。

限りなくポルノに近い低予算ムービー。

エロ描写は、おっぱいが何かとポロリする程度なので、ソフト。

パム・グリアの映画をなんか見ようと思って手に取ったんだけど、

これが、

予想以上にパム・グリアの演技が下手でちょっと驚いたな。

パム・グリアのお乳の大きさにもびっくりしたけど。

ぱいおつかいでー。

劇中の男たちが、たまらねえぜとよだれをたらしてスケベそうな顔して、

パム・グリアのことをさかんにいい女というのも納得のスタイル。

話は重い。

廃人になった幼い妹の恨みを晴らすために、売人を始末していく夜勤看護婦の話。

いきなり、なぎら健壱そっくりの売人の頭をショットガンでふっ飛ばします。

オゥ、ジーザス。

バイオレンス&エロ。

女同士の乱闘もあります。

キャットファイトっていうやつ。

頭にカミソリを仕込んだり、けっこうえげつないんだわ。

まあ、パム・グリアはただの看護婦なんだけど、

高級娼婦に成りすまして、売人キングジョージのところにもぐりこむ。

かなり強くて大胆な行動派。

そうだな、強い女性の映画だな、これは。

コフィー、コフィーの色は~♪とかいう

わけのわからんテーマソングみたいなのが流れたり、

髪型がでっかいアフロであったり、

ファンキーな要素もないこともないけど、

いかんせん金があんましかかってないのが、まるわかりで、

70年代のファッションや音楽を楽しむゴージャスな映画だとは、

とてもじゃないがいえないね。

おしゃれ映画と思ってみたらがっかりする。

軟派な映画じゃないすね。

バリバリ硬派。

怒った女が男の股間をショットガンでぶっ飛ばして去っていく映画です。

コフィ ― オリジナル・サウンドトラック デジタル・リマスター・ヴァージョン

残酷女刑務所

ブラックスプロイテーション~ライヴス・オブ・スーパーヒーローズ~

ソウル・オブ・ブラック・ムービー
70sブラックスプロイテーション、オリジナル・サウンド・トラック&ポスター・アートワークス

オンラインDVDレンタルのDMMで「コフィー」を借りる

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック