ボーン・アイデンティティー

ボーン・アイデンティティー

ボーン・アイデンティティー


地味目なスパイアクションだな。

定番な展開で意外性は特になし。

カーアクションとか良い感じだから普通に楽しめるよ。

螺旋階段のシーンは、そんなんせんでもええでしょって感じだけど嫌いではないし、

アパートでの接近戦や別荘でのスナイパーとの攻防などアクションは、

地味ながら本物ぽさを狙っていてとても楽しめるものだね。

記憶がない俺はだれ?って思っている主人公が

わずかな手がかりを追って徐々に真相が明らかになるという展開だが、

主人公が大金を投下されて作られた殺人マシーンだと、

早い段階で分かってしまうのは、どうかと思う。

アクション映画におけるヒロインの存在意味は主人公とラブシーンを演じることなんだが、

この映画にはヒロインはいらんかったね。

マット・デイモンだけで完璧なんだもの。

ちゃらけてないホンモノっぽさを狙うのなら、

いっそのこと女子なしのむさくるしい映画にしちゃったほうがよかった。

まあ、フランカ・ポテンテはお色気全開女優じゃないから、

骨太な雰囲気作りに貢献してるっちゃしてるよ。

こういうスパイ映画なかなかおもしろいよね。

マット、ちょっとジミーっぽいよね。

ジェイソン・ボーン ツインパック

「ボーン・アイデンティティー」オリジナル・サウンドトラック

暗殺者 / ロバート・ラドラム

ボーン・アイデンティティー」をDMMでレンタルする
posted by ビショップ at 20:35Comment(0)TrackBack(0)映画2006


関連する記事

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック