HGUC ジ・オを作る

ジ・オジ・オ
ジ・オジ・オ
ジ・オジ・オ


でかくて満足「HG UNIVERSAL CENTURY 1/144 ジ・オ PMX-003


朝もはよからプラモ作り。

ストレス解消といえば、

片岡義男の小説の主人公になりきってバイクを走らせるか、

無心にガンプラを作るか、

それぐらいしかないですね。

最近じゃ、部分塗装やスミ入れも面倒だということで、

ニッパーヤスリ片手にひたすら組み立てるということになりましてございます。

ワゴンセールでかなり昔に手に入れておいたジ・オでも作るかと、

3時間ぐらいで完成ですかね。

これがかなりよいキットです。

まず、でかい。

メタボってるスタイルがたまりませんね。

でかい割にはパーツが少ないので組みやすい。

スミ入れしなくてもそれなりに見れる。

ジ・オといえば、のっぺりした印象があるんすけど、

意外に細部がメカっぽいので色をつけなくてもそれなりにいい感じなんすね。

足回りのかんじとか、下半身のボリューム感とか、

バランスが絶妙。

ジ・オはそんなに好きでもないMSだったんすけど、

プラモを作ってみたら好きになりましたね。

なんかデブいだけの機体だと思ってたんすよ。

太いルックスが、能や狂言の人、スーパー歌舞伎の人っぽいなと思ってた。

それがけっこうかっこいい。

うーむ、いいかんじ。

顔は細い。

カミーユZに特攻されたときのシロッコ並みに細い。

後ろから見るとゴキブリみたいっすね。

まあ、色分けはほとんどできてる。

塗るとしたら、本体の黄色がいい塩梅の色味なので、

成型色はそのまま生かして、

細かいとこだけちょこちょこ塗ればいいんじゃないすかね。

隠し腕にはちゃんとビーム・ソードを持たせることができる。

ビーム・ソードは4本ついてる。

腕が少し前後にスイングできるのでビーム・ライフルもちゃんと持てる。

まあ、デブなのでいろんなポーズはとれないんすけど、

どっしりと棒立ちしてるお姿がかっこいいので問題なしです。

これはいいものだ。

動けジ・オ!なぜ動かん!

メタボだからさ。

いやいや動かなくてもいい感じですよ。





MS IN ACTION!! THE・O(ジ・オ) (PKGリニューアル版)

バンダイ SDガンダム リアルBB戦士216 PMX-003[ジ・オ] 【ガンプラ】

【機動戦士Zガンダム】ジ・オ サイズ:M / WHITE

HGUC ジ・O(ジオ)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック