『イーロン・マスク 未来を創る男/アシュリー・バンス』を読んだ【読書】

イーロン・マスク [ アシュリー・バンス ] 未来を創るどえらいやつ、その名はイーロン・マスク。 なんかすごい風雲児がいるというのは 宇宙ロケットのニュースや テスラのニュースでちらちらと目にしていたんすけど、 どんな人なのかはよくわからなかった。 この本を読むとどういう生まれで どういう流れで今の電気自動車や宇宙事業やソーラー事業を やるようになったのかがよくわかったっすねえ。 第一次インターネットブームの頃から活躍してたんだなあ。 インターネットの電話帳サービスみたいなのを始めて 高値で売却。 その資金でオンライン決済システムの会社を起こして のちにペイパルとくっついて ペイパル売却で大金持ち。 その資金を宇宙事業や電気自動車に再投資。 資金難で破産の危機を迎えるが逆転で危機を乗り越える。 最初のITの起業ブームのときには あんまりイーロン・マスクの名前を聞いたことなかったけど、 ここにきてイーロン・マスクの名前を ニュースで目にすることが増えてきたような気がする。 ドットコム長者とはちょっと雰囲気違いますね。

続きを読む

『トップガン』を見た【映画】

トップガン スペシャル・コレクターズ・エディション【Blu-ray】 [ トム・クルーズ ] ディディディディーディンデンデデンー、デンジャゾーンーッ。 いやー、盛り上がるなあ。 F14トムキャットですか。 あれの発進と着艦のシーンがかっこいい! 一世を風靡した流行り映画の一本ですね、トップガンは。 トム・クルーズのレイバンのサングラスとか流行ったなあ。 テレビ放送で見たぐらいで ちゃんと見てなかった系の映画なんすけど、 今回、見直したらけっこうというかかなりいい加減で 中身はすっかすかで期待通りだった。 なんかよくわからない。 ドラマ風になってるけど、全然ドラマになってないような感じなんすよ。 トム・クルーズは天才パイロット。 操縦の腕前はピカ一だが、 自分勝手で無茶な行動をする問題児。 父親もパイロットで天才的なパイロットだったのだが 飛行中に行方不明になって死んでて、 その詳細は国家機密になっててトム・クルーズは 父親がどうなったのか知らない。 母親も亡くなっていない。 そういう天涯孤独、一匹狼の天才パイロットが 優秀なパイロットを養成する特別訓練に参加する話。 でもあんまり訓練してません。

続きを読む

『ソロモンの偽証 後篇・裁判』を見た【映画】

ソロモンの偽証 後篇・裁判 [ 藤野涼子 ] うーむ、よくわからない。 後篇ということで 裁判の話なんすけど、 なんかみんな熱く頑張ってるのは わかるのだが、 結局、裁判で浮かび上がってきた真相というのは 死んだ生徒の異常性だけって感じがした。 異常性に真面目に付き合って 自分のほうが悪いのかなと 思い悩むのが思春期だみたいな。 裁判する必要あったのかなあっていうね。 中学生が学級裁判して なんか俺たちって青春だねって 終わったみたいな。 まあ、人の死が中心にあるので 大真面目にシリアス風にやらないとだめなんだろうけど、 もうちょっとコメディ風味で やってもよかったんじゃないかなあ。 ソロモンの偽証という題名の大げささに 内容がついていってないようにも思う。

続きを読む

『ソロモンの偽証 前篇・事件』を見た【映画】

ソロモンの偽証 前篇・事件 [ 藤野涼子 ] 宮部みゆき原作ミステリー。 なんか宮部みゆきの名前が どーんっと最初につくのは なんだか昔の松本清張ミステリーって 原作の松本清張が頭にどーんってくるのを 思い起こすなあ。 宮部みゆきといえば、 新刊がでれば内容を知らなくても とりあえず買っとくかという人も多いんじゃないか。 固定客がついてるミステリー作家というイメージだな。 ミステリーといえばこの作家みたいな。 けっこう昔は読みましたね。 「模倣犯」で最高潮を迎えたという感じが したのでそれ以降は特に 必ず読むって感じでもないので このソロモンの偽証も原作は読まず。 なんかやたらと長い話だというのは 本屋で見かけて知ってたけども、 映画も前後半の2部作になってる。 うーむ、でもミステリーで前後半って 分けるのはどうなんだろかと思うなあ。 前半、前振りで終わっちゃうわけで 前半単体、後半単体で成り立つのかねというね。 上映時間は長くてもいいから 1本でやるのがいいような気もするのだが、 まあ、ミステリー系の連続ドラマとか 謎の前振りだけで話数を稼ぐタイプもあるから なんとも言えないけども、

続きを読む

『SAPEURS - Gentlemen of Bacongo/ダニエーレ・タマーニ、序文:ポール・スミス』を読ん…

SAPEURS [ ダニエーレ・タマーニ ] おしゃれということを考えさせられる写真集だなあ。 オシャレであるということ、 ファッショナブルであるということ、 エレガントであるということ、 はこういうことなんだなみたいな。 こうすればあなたも簡単におしゃれになれます!的な法則やロジックが 大流行している昨今ですが、 おしゃれってそういうことじゃないんだなと。 黒いスキニーオシャレでしょ、 モノトーンでまとめてオシャレでしょ、 黒のコンバース細くておしゃれでしょ、 シャツの袖をまくっておしゃれでしょって そんなことはおしゃれでもなんでもなくて ファッショナブルとはなんの関係もないってことなんだなあ。 サプールを見るとそう思ったね。 このアイテムを買ってIラインやYラインでまとめたら はいおしゃれってそういうことじゃないなあ。 おしゃれであるということは、

続きを読む

『13階段』を見た【映画】

13階段 [ 反町隆史/山崎努 ] 死刑に関するなんかすごいシリアスドラマかと思って 見てなかったんすけどミステリーだった。 前半はすごい面白かったですね。 ミステリーなんすよ。 死刑囚の無実を調査することになった山崎努。 元刑務官の山崎努が相棒に選んだのが 傷害致死罪で刑期を終えて出所したばかりの反町隆史。 山崎努は過去に死刑執行したことがある。 反町隆史は人殺しで服役していた。 人の死というものを 自分自身の手で直接体験したものが 人を殺した罪で死刑を待つ死刑囚の無実の証拠を探す。 これはおもしろい。 どうなるどうなるって感じで ぐいぐい引き込まれたなあ。 前半はすごい楽しかった。 いやー、でも後半は全然ダメだったなあ。 真相が明らかになると 全然おもしろくないんすよ。 あれとこれが実はつながっていて、 あいつが仕組んだことがこうなって みたいな解答がでてくるのだが、 それがいかにも作り物めいてて あんまり説得力がなかった。

続きを読む

DHCの健康食品『ブルーベリーエキス』を飲んでみる【サプリメント】

DHC ブルーベリーエキス 60日分 120粒【楽天24】[DHC サプリメント ブルーベリー] 目の疲れにはブルーベリーが効くそうな。 ほんまかいなとちょっと飲んでみました。 DHCのブルーベリーエキスを買ってみた。 黒豆みたいな真っ黒な粒してます。 成分はブルーベリーエキス(アントシアニン36%)だけではなくて、 シソの実油やルテイン、ビタミンB群も入ってるみたいです。 ブルーベリーは即効性があって 効果は持続性がないので飲み続けるといいとか言いますけど、 どうなんすかねえ。 このビタミン剤を飲んだからといって 目が突然よくなったりはしないんじゃないか。 大げさにすごく効くという人もいるけど、 どうなんだろね。 まあ、目は疲れやすいので 気休めにときどき飲んでみます。

続きを読む

『スプリング・ブレイカーズ』を見た【映画】

スプリング・ブレイカーズ [ ジェームズ・フランコ ] とにかく語りが長い。 なんかしらないけど自分語りを長々とするわけ。 私はこうでああでこう思って、 俺はこうでああでこうでっていうおしゃべりと EDMのPVみたいな パーティーだぜ~ヒャッハー~と盛り上がる映像で 構成されている映画でした。 なんかスプリング・ブレイクっていうのは、 春休みのことらしいっすね。 短い休みに、暖かいとこに仲間でちょっと小旅行して 羽目を外すのが北米の大学生の定番らしい。 春休み間近の彼女たちは、 頭の中はハメ外しのお騒ぎパーティーのことだけです。 春休みは絶対、ビーチのホテルで酒に男にドラッグと 騒ぎ倒すぞ~あげ。 でも金ぜんぜん足りない~さげ。 じゃあ、食堂襲ってとればいいねっていう ノリで強盗してまんまと成功です。 そんな感じの子供のはしゃいだ様子を描写していく。 そして退屈な自分語り。 なんかあんまりおもしろくなかったです。

続きを読む

『イルマーレ』を見た【映画】

イルマーレ [ キアヌ・リーヴス ] 韓国映画のハリウッド・リメイクらしいっすね。 オリジナルは見てないなあ。 キアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックの「スピード」コンビなので 見てみました。 ロマンチック系のSFものだった。 時間を扱ったSF。 なんていうか過去にいる男と未来にいる女が なぜか文通できて交流していくみたいな。 過去と未来といっても数年のずれなんすよ。 2年のずれか。 数百年とか数十年とかじゃなくて2年というのがいいですね。 なのでけっこうニアミスするのです二人が。 文通してさ、キアヌは過去にいて サンドラ・ブロックは2年後にいるので キアヌが彼女のためにいろいろしたことで サンドラ・ブロックのいる世界が変化して 彼女の想い出も上書きされて変化していく。 キアヌは彼女のことを知ってて親近感をもってるけども、 彼女はまだ彼の存在を知らない。 このへんのSF的な設定はちゃんとできてるのか、 SFマニアからすると矛盾があるのかは よくわからないんすけど、 とにかくロマンチックムードを盛り上げる装置としての 2年の時空を越えて二人が交流するという設定なので 厳密に考えたらなんかおかしいようなというのは まあいいかとなりますね。

続きを読む